2012年9月9日日曜日

奥道後公園


原子物理学の権威沖田博士は四国山脈の奥地でウラニウムの数百倍の放射能を持つサタンニウムという物質を発見した・・・
四国山脈という設定で登場する岩場は奥道後公園内を流れる湧ヶ渕の一部。
少し角度が違うのでずれてしまったが同じ位置の岩のくぼみに水溜りがある野がわかる。
 少し風化していたが博士の後方の岩の割れ目が一致しているのが判るだろうか・・・昨年に引き続き出張に扱き付けて松山周辺を廻って来たので順番に紹介いたします。。




0 件のコメント:

コメントを投稿