2011年11月23日水曜日

カトリック府中墓地

大文字博士の「天才人間計画」はGOD機関に利用され、研究中の薬を飲んだ博士の娘あや子までもが自殺してしまう。
あや子の葬儀が行われたのは府中にある「カトリック府中墓地」である。
古めかしい聖堂は現代的な建物に建て替えられている。
あや子の墓にあったモニュメント。実際にある物をそのまま使っている。当時おそらく新品だったのか47年分の汚れが…
イカルスの操るカラスの乗った天使のモニュメントはすでに無くなっていたので後方の電柱の位置でアングルを推測した。
中央後方が冒頭に映った建物。あや子の墓地は敷地のほぼ中央に位置する。
この大きな銅像も老朽化で撤去されてしまったそうだ。
上の劇中映像にも写りこんでいるのだが下の矢尻のようなモニュメントは特撮の神様、円谷英二の墓碑である。さりげなくライダーと円谷のコラボがなされていたのであるw
他にもこの墓地には作家の遠藤周作の墓などがあるそうだ。

カトリック府中墓地 〒183-0053 東京都府中市天神町4-13-1

出典:仮面ライダーX 第7話「恐怖の天才人間計画!」

2011年10月7日金曜日

新木場 千石橋

結城と共にデストロンを脱走した科学者の一人片桐が妹、幸恵と落ち合ったのは新木場の千石橋の上だった。。。
撮影に向かっている途中で雨が降り出し、あいにくの天気での撮影となった。
当時はまだ埋め立てられて間もなく、橋は片側斜線分しか完成しておらずやっと道が舗装されたような状態である。
当時東京湾に多くあった貯木場時代の名残が地名と共に残る。
当時は数ブロック先の夢の島の清掃工場が見通せたが現在は新木場センタービルでさえぎられる。
まだ片側車線分しか完成していなかった。
戦闘員が現れた欄干の先は新木場スタジオコーストというイベントホール。何度かライブなどで訪れた事があったがまさかこのシーンに使われてる場所だということは調べるまで気づかなかった。
道の先は新木場駅方面。
撮影が行われた川岸の空き地には新木場センタービルが建っているのだが、かろうじて公開空き地(?)というか散策できるようなスペースが残っており川岸まで行くことが出来た。当時赤かった橋は青く塗りなおされている。
ご覧のようにカマクビガメが現れた桟橋のたもとまで行くことが出来る。
出典:仮面ライダーV3 43話「敵か見方か?謎のライダーマン」

2011年10月4日火曜日

田園都市線

大門寺博士の薬を飲んだ子供たちは次々に飛び降り自殺をしていく。
博士の娘、冬子も薬を飲み線路に投身するかのように陸橋の上にやってきた。
この陸橋は東急田園都市線たまプラーザ駅近く。線路には深緑色の東急旧6000系の車両が走る。陸橋の先にはたまプラーザ駅が見えている。
霧子の後ろは線路敷地境界のコンクリート製の柵。陸橋の上から。
こちらも陸橋の上。道の先の電柱を支えるワイヤーのカバーこそ一致するものの住宅はほとんど建て変わっている。
同エピソードで登場する線路脇を走るシーンは同線の宮前平駅直近の鉄橋横である。恵介と併走するのはクラッシックな東急5000系車両。現在渋谷駅のハチ公近くに同型の車両が展示されている。
エンディングでクルーザーと併走するのはつい最近まで見られた7000系車両。奥には塗り替えられた鉄橋が見える。このエピソードだけで東急田園都市線の遍歴が楽しめる鉄っちゃん向けな話だったw
出典:仮面ライダーX 第7話「恐怖の天才人間計画!」

2011年10月3日月曜日

代々木競技場#2

デストロン首領の罠に落ちたV3とライダーマンを救出すべくアジトに潜入する藤兵衛。
前回も登場した第一体育館前。
アジトを脱出する3人。
スロープの形状が一致しないので当時とは変わっているのかも。引いた映像が無かったので詳しく判らず。
追ってと戦う場所は南門の駐車場へ下る階段。
走り去るハリケーンとライダーマンマシン。
南口駐車場で背後に移るのは第二体育館とNHK放送センター。

なお、藤兵衛がアジトに潜入する下水道は生田スタジオ近くの下水で現在は蓋がされて入れないようになってしまった。

出典:仮面ライダーV3 第48話「見た!デストロン首領の顔!!」

2011年9月29日木曜日

船の科学館

仮面ライダーV3最終話にてデストロンアジトとして使われた船の科学館が今月で閉館になるということで緊急取材してきました。
登場する灯台自体は敷地内にあるんですがそれ以外のカメラ位置などは全て敷地の外になるので閉館とは関係なく今後も訪れる事が出来ますが、あの特徴ある建物や灯台が撤去されてしまうと少し寂しくなりますね。

ヨロイ元帥が立つ公園の山のような物は科学館の敷地の外で当時は「13号地公園」、現在は都立潮風公園の一角、南コーストデッキと呼ばれるあたりで、すでに撤去されており防風林のような植え込みになっています。
このアングルは科学館の建物が判りやすいように敷地の中から撮影しました。
実際はこんな感じに植え込みで隔てられています。左の建物は科学館のシーサイドプール(体験教室プール)の建物。
対岸はガントレーの位置から品川火力発電所の煙突だと思うんですが、当時3本あった煙突はこの角度だと重なって見えているんでしょうか。
これもシーサイドプールの建物。建物手前の倒木は先日の台風の傷跡のようだ。
大瀬崎灯台。明治12年に長崎の五島列島に建てられたものを移築したそうだ。
建物の屋内展示と羊蹄丸の公開終了、プールの閉鎖はアナウンスされたが建物が今後どうなるか、ということは判らなかった。即解体ではないようだが13号地埋立地と呼ばれた頃からのランドマークが無くなるのは寂しい限りである。

船の科学館を生んだ財団法人日本船舶振興会笹川良一会長。日本の首領。
「デストロン首領」のアジトは「日本の首領」のお膝元であった。

出典:仮面ライダーV3 第52話「デストロン最後の日」

2011年9月28日水曜日

代々木競技場#1

47話にてヨロイ元帥が来日するデストロン首領を迎えるために用意したアジトが代々木体育館だった。
代々木体育館へ向かうV3とライダーマン。
通り左が競技場、右が代々木公園。
到着するヨロイ元帥。
背後の建物は「第一体育館」
当時、敷地内にはゴーカート場があった。最近ではシルクドソレイユなどのイベントに使われるスペースである。よく見ると当時は公園の先に西新宿の高層ビルが見通せていた。
様子を伺うV3とライダーマン。
この謎の鷲のモニュメントは体育館とは道を隔てた代々木公園の敷地にある「日本飛行初始之地記念碑」である。
明治43年陸軍により日本初の飛行が行われた地を示す石碑として昭和15年に設置された物。
もちろんここから体育館の入り口は目視出来ない。改造人間であればこそである。
デストロンライダーマンを装いアジトに近づくライダーマン。
 このライダーマンの後ろに見えるのは第2体育館。第1より一回り小さい。
アジトに近づく二人。背後の建物は第二体育館とNHK放送センター。

48話ロケの「代々木競技場#2」に続く…


出典:仮面ライダーV3 第47話「待ち伏せ!デストロン首領!!」